服の購入時に素材はしっかりとチェックしてる?それぞれの素材の特徴を解説します!

天然繊維のコットンが人気の理由はコレ!

昨今は通販サイトでファッションアイテムを購入するケースが増加していますよね。届いた服を着て「肌触りがイメージと違った」とならないために、ファッションの生地に用いられる素材についての理解を深めておきましょう。まず生地の素材は大きく分けて天然繊維と化学繊維に分類されますが、天然繊維の代表格といえばコットンです。なめらかな肌触りと吸水性に優れている点が、人気の要因となっています。しかも熱に強いという性質もあるので、洗濯後にアイロンをかけても生地があまり傷まないのです。また天然素材のリネンは洗濯をするとシワが残りやすいですが、こちらはあえてアイロンをかけずに少しクシャッとした風合いを出して着こなすのがトレンドとなっています。

とろみ素材はポリエステルとほぼイコールです!

化学繊維の中で最も生産量が多いのは、ポリエステルです。通販サイトで「とろみ素材」というワードを目にすることがあると思いますが、この表記になっていたら生地にポリエステルが用いられていると捉えるようにしましょう。肌触りがサラッとしているうえに速乾性にも優れているため、老若男女から長年にわたって高い支持を得ています。またファストファッションの商品でよく使われている化学繊維といえば、アクリルです。生地にアクリルを多く使用することで、ウールのような見た目でありながらも低価格の商品を製造することが可能になります。ただし毛玉ができやすいという一面があるため、洗濯の際は裏返しにして、かつネットに入れた状態で洗うようにしましょう。通販のファッションサイトを利用するにあたっては、購入者の口コミだけでなく使用されている素材にも目を向けて肌触りを想像してみることが大事なのです。

ニコチンリキッドとは、電子タバコで使用するニコチン入りのリキッドです。植物性のグリセリンとプロピレングリコール、香料でできています。フレーバーも多種あり香りも楽しめます。